ウチらめっちゃ細かいんで

ブログBlog


スタッフの日常 ~佐藤編~

現在代表 佐藤率いる、スタッフ五名を合わせて計、六名で運営中のめちゃコマ。

スタッフが担当している分野はそれぞれ違っており、教育、製作、開発そして広報・マーケティング。
行っている作業や内容は違えど、実は私たち、チームワークが抜群なんです!(^^)!
相手の話をしっかり聴く。それぞれが意見しながらも相手の持ちかけも受け入れる。そ
こから更にそのアイデアがもっと良くなる、面白くなるんじゃないかと積極的にブラッシュアップしていきます。

めちゃコマは元々佐藤のアイデアで誕生し、そこから幾度の話し合いを経て、完成しました。
”ウチらめっちゃ細かいんで”というユニークな名前(事業内容は真剣ですよ 笑)誰でもがパッと思いつく名前じゃないと思いますが、発案した佐藤の頭の中はアイデアの宝庫。
他にない、聞いて忘れないネーミング。会社名って皆さんに知っていただく、覚えていただく上でとても重要だと思っています。

話は変わりますが、私たちは定期的にミーティングを行い、日頃からも細かいやりとりを行っています。
ミーティングの場合実際に顔は映りませんが、スカイプを使いながら全員で話し合いをします。
スタッフはみな、住んでいる場所がバラバラ。
お仕事は在宅スタイルですので実際に会ってミーティングを、ということはしません。なのでこんな時、スカイプなどのツールが大いに活躍します。

このスカイプ・チャットでのやりとりに関する話ですが、実は佐藤、『驚異のタイピング力の持ち主』で、話すスピードと同じ速さでタイピングするという、見ているほうが口が空きっぱなしになるような実力の持ち主なんです!!
タイピング中はもちろん顔はパソコン画面を見たまま。本当におそるべしです。
その光景を見たことがある私としては、”あそこまで早く打てると仕事もサクサク、気持ちがいいだろうなぁ…”と自分のタイピングの遅さに冷や汗、焦りを感じております。(:_;)

最後にスタッフの「働く時間」をご紹介しますと、実はバラバラ。
それぞれに就労時間は決めていますが、始業開始~終了まではみな違います。期限を守ることはもちろん約束事ですが昼夜とわず、”自分に合った時間帯”で仕事ができる。
これはひきこもりサポート特別コースでのインターン、その後のお仕事の就労形態も同じです。

これからの日本の”働き方”はこういった、「一つの会社の一つの取り組み」から次第に変わっていき、多様化する=色んな働き方ができるようになるのではないかと考えています。

関連記事

~ひきこもり大学を終えて~ No.2

前回に引き続き、ひきこもり大学に参加してのめちゃコマスタッフの感想をレポートします。👩‍🏫✨✨ 前回の記事はこちら。 https://mechakoma.com/notice/p=538 後半の質疑応答コーナーでは平野・ […]

詳細はこちら

水野先生が行く~ 往診家族療法 No.2、続編 ~

~ 水野先生の著書、「自立支援アパートと往診家族療法」より ~ 先に、自立支援アパートは「家族療法の治療の場として最適」と書きましたが、精神科のすべての疾患に家族療法の考え方は大切で、治療を進めるための基礎とするべきこと […]

詳細はこちら

水野先生が行く NO.2

~ 自宅訪問型診療 No.1 ~ 水野先生のプロフィールはこちらから https://mechakoma.com/column/p=421 自宅訪問型診療、水野先生はこれを「往診家族療法」と呼ばれています。 この、往診家 […]

詳細はこちら