ウチらめっちゃ細かいんで

ブログBlog


スタッフの日常 ~山瀬編~

めちゃコマは現在、代表の佐藤とスタッフ5名、計6名で運営しています。
今回は、最年長で来月には「(宇宙戦艦ヤマトの)沖田艦長」と同い年になる(!?)

『執行役員 最高執行責任者(COO)』の山瀬についてご紹介したいと思います。

高校時代からパソコン好きで専門誌に投稿するなどを行っていたそうです。
就職して仕事となった時、技術よりも人間関係や組織の面倒さに心が折れて、転職&ひきこもりの繰り返しだったそう。めちゃコマでは「わたしの仕事は技術ではなく『チーム作り』とその仕組み作り」と公言していますが、IT技術は金融から携帯電話通信、ゲーム機からWeb系と多様な一方で、ひきこもり歴も通算10年は下らないという強者、なのだそうです。
40歳を過ぎてからITとは無関係に心理系を学び、大学を卒業後、勢いで大学院に進学するも何か違和感を感じ続け、つい1年前に発達障害の診断を受けることになりました。

そんな彼のめちゃコマでの日常とは…?

ここで少し彼の生活を覗いてみたいと思います。

「普段は、ひきこもりの王道で、昼まで爆睡している時もあれば、ひたすらインターネットをする日常ですが、スタッフとのオンライン打ち合わせや仕事が入ると、その場、または夜中になることもありますが、スイッチが入り、短時間で集中して仕事に励んでいます。

最近では、ひきこもり・発達障害系のイベントに行くことも増えたらしく、さらには昭和からの(!?)趣味であるボードゲームの会に参加したり、女子プロレス観戦(!?)に出かけることもあるそうです。
そんな彼にとってハッピーなライフスタイルが送れているのも、オンラインで仕事が完結し、会社勤めにありがちな無駄な人間関係や無駄なコミュニケーションがない、『めちゃコマ』に所属しているから」と話してくれました。

自分の趣味やライフスタイルを楽しみながら、仕事も充実している。彼からまた一つ、働き方の”モデル”を教わった気がします。

関連記事

~ひきこもり大学を終えて~ No.2

前回に引き続き、ひきこもり大学に参加してのめちゃコマスタッフの感想をレポートします。👩‍🏫✨✨ 前回の記事はこちら。 https://mechakoma.com/notice/p=538 後半の質疑応答コーナーでは平野・ […]

詳細はこちら

水野先生が行く~ 往診家族療法 No.2、続編 ~

~ 水野先生の著書、「自立支援アパートと往診家族療法」より ~ 先に、自立支援アパートは「家族療法の治療の場として最適」と書きましたが、精神科のすべての疾患に家族療法の考え方は大切で、治療を進めるための基礎とするべきこと […]

詳細はこちら

水野先生が行く NO.2

~ 自宅訪問型診療 No.1 ~ 水野先生のプロフィールはこちらから https://mechakoma.com/column/p=421 自宅訪問型診療、水野先生はこれを「往診家族療法」と呼ばれています。 この、往診家 […]

詳細はこちら