ウチらめっちゃ細かいんで

ブログBlog


~ひきこもり大学を終えて~ No.2

前回に引き続き、ひきこもり大学に参加してのめちゃコマスタッフの感想をレポートします。👩‍🏫✨✨

前回の記事はこちら。
https://mechakoma.com/notice/p=538

後半の質疑応答コーナーでは平野・吉田・山際が参加。
司会の大橋さんの問いに答える形式でした。

例えばこんな質問がありました。

Q.あなたが考える働き方のステップとは?
吉田:「例えばアイドルのおっかけや漫画・アニメが好きなど…
自分の趣味を続けるためにアルバイトなどをする。
好きなことをするためなら働く意欲も湧く」。

前回にも書きましたが「何のために働くのか」
それはひとそれぞれ。生活・家族・仕事が趣味の人もいるかもしれません。
目的は人それぞれでもその人にとっては大事な事。「自分を動かす根本的なものってなんだろう…」と見直す機会を設けるのは、自分と向き合うという意味でも習慣化したいな、と思いました。

**********************************************************************°˖✧◝☆.:。

最後のスタッフそれぞれの感想の中にも色んなヒントがあった気がしますし、それぞれの生き方を垣間見ることが出来たのでご紹介します。

<ひきこもり大学に参加しての感想>
平野:「対話は大事。他の人と接すること、自分一人で考えないよう人と関わる機会を得ることが大切です」。

山際:「迷ったあげくどうすればいいか分からなくなるからひきこもってしまう。そうなった場合、”じゃあ、どうすれば抜け出せるか…」と考えることが大事。

佐藤:「人間にとって一番良くないのは ”ヒマ ” 。
自分が「面白い」と思うことを見つけたり、今自分が「好き」だと思っていることを大切にすること。

めちゃコマスタッフもそれぞれに想いを抱きながらこの
数時間を過ごしました。
その場(会場に参加している方々と)でみんなで考える、
一緒に考える。すごく、 ”つながり” を感じることができた今回👨‍👩‍👧‍👦

会場の皆さまはそれぞれにどんな想いを抱かれたでしょうか?
めちゃコマでも「オンライン当事者会」を行っているので、
今日の学びを会に生かしたいと思います💫☺️

関連記事

~ひきこもり大学を終えて~ No.2

前回に引き続き、ひきこもり大学に参加してのめちゃコマスタッフの感想をレポートします。👩‍🏫✨✨ 前回の記事はこちら。 https://mechakoma.com/notice/p=538 後半の質疑応答コーナーでは平野・ […]

詳細はこちら

水野先生が行く~ 往診家族療法 No.2、続編 ~

~ 水野先生の著書、「自立支援アパートと往診家族療法」より ~ 先に、自立支援アパートは「家族療法の治療の場として最適」と書きましたが、精神科のすべての疾患に家族療法の考え方は大切で、治療を進めるための基礎とするべきこと […]

詳細はこちら

水野先生が行く NO.2

~ 自宅訪問型診療 No.1 ~ 水野先生のプロフィールはこちらから https://mechakoma.com/column/p=421 自宅訪問型診療、水野先生はこれを「往診家族療法」と呼ばれています。 この、往診家 […]

詳細はこちら