ウチらめっちゃ細かいんで

ブログBlog


水野先生が行く~ 往診家族療法 No.2、続編 ~

~ 水野先生の著書、「自立支援アパートと往診家族療法」より ~

先に、自立支援アパートは「家族療法の治療の場として最適」と書きましたが、精神科のすべての疾患に家族療法の考え方は大切で、治療を進めるための基礎とするべきことです。
人格の基本は家族の中で作られます。生まれた白紙のままの心の子供にとって、両親や兄姉はとても敵わない絶対者なのです。
それは神様であり、悪魔のようなものでもあるのです。そこで・・・

家族との関係の取り方は「心の中に深く刻み込まれ、人格の基礎素材」となるのです。

こうして家族のそれぞれは、様々なレベルで「互いの心理を左右し、束縛しあう」ことになります。
家族関係は、

1、良い方向に行くと「協力」「励まし」の力が建設的に重ねられて行く
(協調家族、健康家族)
2、悪い方向に歪み始めると、悪循環を繰り返し、泥沼に入り込んで、前途を見失ってしまう
(過保護家族、指導力欠如、過支配家族、過干渉)
3、そこで、夫婦対立・親子葛藤・兄弟不和などが拡大し、過依存・我が儘・非行から家庭内暴力・様々な神経症・引籠りなどの適応障害に至る

私はこの家族の中の人間関係の治療を「家族療法」と呼んでいるのです。
この治療で一番大切な点は、

“症状を持っている人だけが悪いのではなくて、家族全員にそれぞれ責任がある。ということを互いに認め合う“。”

ということです。そこに辿り着いて初めて、家族療法が完成の方向に動き始めるのです。

関連記事

~ひきこもり大学を終えて~ No.2

前回に引き続き、ひきこもり大学に参加してのめちゃコマスタッフの感想をレポートします。👩‍🏫✨✨ 前回の記事はこちら。 https://mechakoma.com/notice/p=538 後半の質疑応答コーナーでは平野・ […]

詳細はこちら

水野先生が行く~ 往診家族療法 No.2、続編 ~

~ 水野先生の著書、「自立支援アパートと往診家族療法」より ~ 先に、自立支援アパートは「家族療法の治療の場として最適」と書きましたが、精神科のすべての疾患に家族療法の考え方は大切で、治療を進めるための基礎とするべきこと […]

詳細はこちら

水野先生が行く NO.2

~ 自宅訪問型診療 No.1 ~ 水野先生のプロフィールはこちらから https://mechakoma.com/column/p=421 自宅訪問型診療、水野先生はこれを「往診家族療法」と呼ばれています。 この、往診家 […]

詳細はこちら